CD制作における考え方

CD制作における考え方は昔と少し違ってきています。昔はあまり個人で制作して販売することは少なかったのですが今の時代はどの人でも制作でき販売できるようになりました。しかしそれだからこそ本当に素晴らしい作品しか残らないということとい感じかもしれません。レコード会社がすべてやってくれたものを自分でやるわけですので強い意志と信念が必要です。人任せにせず自分で道を切り開く力がついたとき本当の意味で素晴らしいアーチストとなれると考えています。そういってできたものは長く反栄し続け消えることもなく輝きを自分の力で放っていける強い存在となると確信しています。そういった良い作品たちが通販などで世に出回り人の心をいやしてゆく、もしくは勇気を与えてゆく日々は遠くないと確信しています。一ミリもの隙を作らず丁寧に作られた作品はやはり光っています。

CD制作は誰にでも開かれた夢の扉

CD、コンパクトディスクというものが社会に普及してから30年。音楽媒体としてはベートーベンの第九が全収録できる長さである時間が限度として設定されているので、この薄っぺらい輝く円盤の中に長く、多くの音声データを封じ込めることができます。それは音楽だけにとどまらず、パソコン等で利用できるファイルも収録することができるで、あらゆる記憶媒体が出回っている現代においてもCDの記憶媒体としての機能は未だに重宝され、未だに利用されています。それだけ優秀な媒体ということなのでしょう。そのCDを用いて、オリジナルの記憶媒体を誰でも簡単に作成できます。CD制作は今や誰にでも開かれた夢への扉であり、誰にでもこの世で一枚のCDを生み出すことができます。それは音楽であっても、映像ディスクであっても、データ管理として汎用利用させるディスクでも構いません。データの収録技術は、今やパソコン一台あれば、市販で並んでいるCDと同じ形式で、その中身からパッケージまで制作することができます。

CD制作を行う方法とは

CD制作を行いたいと希望をしていても、誰にでも簡単に出来るというわけではありません。今はパソコンでも作ることは可能ですが、音質には限界があります。できるだけ専門業者のところでCD制作を行ったほうがよいでしょう。キレイな音で作成をすることが出来るようになっているので、一生の記念にもなります。自作の音楽で作ることもできますが、他にも様々な場面で音源を残しておきたいと考えることがあるでしょう。そんな時にもインターネット経由で制作をしてくれるところに依頼をすることにより、ジャケットまでしっかり作ってくれるところを利用することも出来るでしょう。オンラインで大量に発注をすることもできますし、大量発注を行うことによって、1枚あたりの単価を下げることも可能となり、コストも抑えることが出来るようになるメリットもあります。

メジャーアーティスト作品の製造と全国流通なども手掛け、一般の方と変わりないサービスを提供しています! 全く経験がなくても、CDプレスから全国流通までをPlatinumDISCが一生懸命サーポートします! CDプレス依頼で《全国流通》がなんとタダ。 他社制作で全国流通だけもOK!ダウンロード配信にも対応! 15年間のノウハウと月間100タイトルの実績! オリジナルCD制作するならこちら