オランダ式コーヒー

マイルドな印象のあるカフェオレについていえば、カフェオレの由来はフランス語で、カフェはコーヒー、オは前置詞、レはミルクのことをいいます。はじめはコーヒーは高級品であったため庶民も味わえるようにコーヒーの量に対して同等のミルクを加えて作られたのがはじまりだそうです。
甘いコーヒーが好きな人に喜んでもらえるのがウィンナーコーヒーだといえます。ウィンナーコーヒーの中に浮かんでいる生クリームには甘い砂糖が添加されています。なのでその生クリームをコーヒーに混ぜると大変甘くなるのです。甘すぎるのはごめんだという人は生クリームがコーヒーの中で全部溶けきらないうちにソーサーの上に取り出して飲むと大丈夫です。
フレンチローストにしたコーヒー豆をマシーンで高圧で入れたコーヒーのことをエスプレッソコーヒーといいます。エスプレッソはイタリアなどの欧州諸国で主に見られるコーヒーであり、普通のコーヒーより濃いテイストで香りが強いコーヒーといえます。エスプレッソはほとんどの場合小さな入れ物に注がれています。
数種類のコーヒー豆を混ぜて作ったコーヒーのことをブレンドコーヒーといいます。いくつかのコーヒー豆を混ぜることによって、ひとつひとつのコーヒー豆のコクや風味といったものがちょうどよく調和されてとても魅力的な味に生まれ変わります。3~5種類の豆をミックスするのが大部分みたいです。

胃があまり強くない場合でも薄いコーヒーなら飲んでも大丈夫という場合があります。アメリカンコーヒーは普通のブレンドコーヒーを淹れてからお湯で割るといった手法もあります。もともとのやり方ではないものの手軽にできるので一般に用いられています。お湯を入れることにより味の薄いコーヒーに生まれ変わります。
世界中で一番のコーヒー豆であると人気のあるモカコーヒーは、コーヒー豆のブランドの中において一番古く、その中でもモカマタリという名前のコーヒービーンは味、香り、酸味といった面で非常にすばらしいです。モカは甘さが強くて口当たりのよいコーヒーなのでよく知られています。

もともとカプチーノというのは、エスプレッソコーヒーに泡立てた牛乳を加えたもので、おいしさを追求してココアパウダーなどを添えてよく飲まれます。本場のイタリアにおいては朝食の際にクロワッサンとかと一緒に味わわれることが基本です。
レギュラーコーヒーはお湯で抽出するのですが、ダッチコーヒーというのは特別な道具によって冷たい水でじっくりと抽出したコーヒーのことです。それゆえ水出しコーヒーという別名もあり、冷蔵庫に保存して冷たいコーヒーなんかにして飲む場合もあります。