素人でも可能なバンパー塗装の簡単な方法があります


自動車には必ずバンパーが付けられているものですが、車体をぶつけてしまった際には傷が付いてしまう場所でもあります。小傷の場合では大きな問題になることが少ないものですが、車体の色によっては目立ってしまうこともあります。目立っている傷の場合では、車体が古く見えてしまうことが多いので、傷付いてしまった部分に塗装を施す方法で、綺麗に修復させることができます。その方法は素人でも簡単に行うことが可能な方法も用意されていて、現在では便利な補修用品も販売されています。傷の状態に合わせて施工を行うことがポイントになるので、いくつかの工程を経て作業を進めることが良い方法です。一定のテクニックなどを提案することもできるので、その方法を把握してから施工することで、綺麗に元通りに直すことができます。

下地の状態を見極めて作業することが大切

バンパー塗装を行う際には、傷付いてしまった部分の下地を十分に確認することが大切です。非常に浅く小さな傷の場合では、簡単に修復することもでき、耐水ペーパーを使って傷の部分を磨き上げる方法で平らな状態にすることができます。しかし、傷の部分が溝のように凹んでしまっている場合では、その状態に合わせた対処方法が必要です。大きく凹んでいる場合では、厚付用のパテを利用して穴を埋めることが必要になり、浅めの傷で凹んでいる場合では薄付用のパテを用いて施工することが一般的です。パテは完全に硬化するまで待機することが必要になり、硬化後に耐水ペーパーで磨く方法で元通りの平らな状態に仕上げることができます。耐水ペーパーに関しては、仕上げる際には2000番程度のものを使うことで綺麗に整えることができます。

最終的な作業を行う方法も肝心です

下地を十分に整えたバンパーを塗装する方法としては、最終的な作業として色を塗ることが求められています。最初に行いたい作業に関しては、塗料が拡散してしまうことが無いようにマスキングを行うことが大切です。傷の部分よりも少し広めにマスキング処理を行うことが良い方法です。その上に下塗り剤を塗布してから、カラー塗料を用いる方法が一般的です。その後はクリア塗料を用いて吹き掛ける方法で、非常に綺麗な塗膜を形成することができます。周囲との色の差が出てしまっている場合では、ボカシ剤というものが販売されているので、境界部分に塗布する方法で、綺麗に仕上げることができます。最終的には液体状のコンパウンドを用いて磨くことにより、より一層綺麗な仕上がりを実現することができます。個人で対応できない場合ではプロの専門店に任せることも一つの手段です。