割れてしまっても修復可能なバンパーと塗装方法


自動車のバンパーは現在では樹脂製で作られているので、ぶつけてしまった場合では、凹むだけではなく割れてしまうような場合もあります。金属製の場合では、凹みで済ませられることが多いものですが、樹脂製の場合では軽量で取扱いやすい素材になりますが、性能面に関しては弱い一面があります。割れてしまった状態で放置していると、自動車の見た目が悪くなってしまうので、修復作業を希望する方も多く存在しています。このケースでは交換を行うことが必要になる状態も見掛けることができますが、軽微な状態であれば万が一に割れてしまった場合でも、修復作業を行って、塗装を最後に施す方法で問題なく解決させる方法もあります。一定のテクニックは必要になりますが、便利なアイテムなどが販売されているので、修復作業を試みることも良い方法です。

割れた下地を綺麗に直す方法があります

割れてしまったバンパーでも、上手く修復する方法が用意されています。樹脂製の場合ではカー用品店などを利用した場合では、修復用のキットが販売されているので、このような商品を購入すると便利に直すことができます。金属製のメッシュ生地とガラスウールを割れた部分に貼り付けて、その上に専用の溶剤を塗布する方法で樹脂を作ることが可能です。割れた部分でも見事に直すことができ、比較的短時間で施工を済ませることができるので、便利なアイテムとして使えます。その後はパテを使って表面を滑らかに仕上げる方法があり、ヤスリがけを十分に行う方法で綺麗に下地を整えることができます。この手順であれば塗装作業を行う前の調整としてしっかりとした下地を作り上げることができるので、最適な施工方法として利用できます。

塗る作業は慎重に行う必要があります

割れたバンパーでも下地を上手く作ることができ、本来の綺麗な滑らかさを再現することができた場合では、次の段階として塗装作業を行う必要があります。塗る作業に関しては、慎重に行うことが大切になり、最初に下地用として売られている塗料を塗る方法が一般的です。この塗料に関しては、下地を綺麗にすることができ、上に塗る塗料との接着剤のような役割を果たすので、自動車を塗る場合では非常に重要です。完全に乾燥させた上でカラー塗料を使うことになり、最低でも3回塗り以上で仕上げることを目的にすることがおすすめの方法です。最終仕上げとしてクリア塗料を使った場合では、十分な艶を確保することができるので、綺麗に完成させることができます。この塗る作業に自信がないという方のケースでは、専門店があるので、下地を整えた上で利用すると比較的低料金にて施工を済ませることも不可能ではありません。